Illustratorとは何か簡単に解説【当事業所で学べます!】

こんにちは。就労継続支援B型事業所 未来のかたちB型です。
当事業所ではPC・デザイン・プログラミング・Office等の基礎を、
収入を得ながら自分のペースで学ぶことができ、
一人ひとりの目標・生活に合わせたプランを提供しています。

この記事では未来のかたちB型で学べる、
Illustratorについて書いてみたいと思います。

Illustratorってなんですか?

Illustrator でなにができるの?

Illustrator を使う仕事ってどんな仕事?

こういった疑問にお答えできればいいなと思います。

目次

Illustratorとは

tor」とは

Illustratorとは、Adobe(アドビ)社が提供しているグラフィックデザインツールです。
イラレと略して呼ばれることもあります。名刺、パッケージ、パンフレットなどの印刷物まで、
幅広い分野の制作に欠かせないツールです。
Illustratorの一番の特徴は、数値や式によって色や形を表現する
「ベクトルデータ」を用いて画像が作成される
点にあります。

ベクトル(ベクター)画像について

ベクトルデータとは点の座標やそれを結ぶ線を数値データで記録・再現する画像方式です。
ベクトルデータで作成された画像は ベクトル画像といい、
ベクトル画像は縮小・拡大・変形しても画像が乱れません。

ベクトルに関してはコチラでも解説しています。

Illustratorでできること

 「Illustrator」でできること

グラフィックデザインをするために必要な機能が数多く備わっているので、
その利用範囲はかなり広いですが、例として下記のような場面で使われます。

様々な図形や線の制作

Illustratorには基本的な図形や線を描く機能が備わっており、
色々な図形がドラッグで簡単に描けます。
作成した図形に影をつけるなどの複雑な設定やデザインも可能です。

文字の装飾やロゴの制作

通常の文字入力はもちろんのこと、文字を加工したり装飾やデザインを施し、
図形と併せてロゴにしたりすることもできます。

絵を描く

図形を組み合わせたり、自由に線を引いたりマウスをペンのように動かして
絵を描くこともできます。

名刺やポスターなどの印刷物制作

名刺やパンフレット、ポスターなどの作成もIllustratorは得意です。
デザインをして入稿用データの作成までを作成できます。

ポートフォリオ作成

Webデザイナーやデザイナーが就職活動や自身の営業ツールとして作る
ポートフォリオもIllustratorで作ることができます。

パッケージデザイン

ペットボトルや缶、お菓子の箱や袋などのパッケージのデザインにも
Illustratorが使われます。

Illustratorを使う仕事

Illustratorを使う仕事

Illustratorはデザイン系の様々な仕事で使われています。

Webデザイナー

Webサイトのデザインをする仕事です。全体の構成や写真のレイアウト、
ロゴデザインなどサイトの使いやすさも含めてデザインしていきます。

グラフィックデザイナー

雑誌や広告、ポスターなど、印刷物をデザインする仕事です。
紙媒体はもちろん商品パッケージや看板などを様々なものをデザインします。

DTPオペレーター

DTPはDesk Top Publishingの略で「机上出版」や「卓上出版」などと呼ばれています。
パソコンでデータを作成し、実際に印刷物を作成する仕事です。

イラストレーター

イラストやキャラクターなどをデザインする仕事です。
クライアントのリクエストに応じたものを制作する必要があります。

まとめ

今回の記事はIllustratorで何ができるか、
Illustratorを使う仕事などを簡単に紹介しました。
今回紹介した仕事の以外の仕事やプライベートでも
Illustratorを使えれば便利なことはたくさんあります。
この機会にぜひ、習得されてみてはいかがでしょうか?

未来のかたちB型では、
Illustratorを学習・作業していただける環境がございます。
経験豊富な講師が常駐しており、未経験の方もサポート可能です。
気になった方、話を聞いてみようかな?と思った方、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次