未来のかたちB型で学べる「PHP」とは何かを簡単に解説

こんにちは。就労継続支援B型事業所 未来のかたちB型です。
当事業所ではPC・デザイン・プログラミング・Office等の基礎を、
収入を得ながら自分のペースで学ぶことができ、
一人ひとりの目標・生活に合わせたプランを提供しています。

この記事では未来のかたちB型で学べる、
PHPについて書いてみたいと思います。

PHPってなんですか?

PHPでどんなものが作れるの?

PHPの需要と将来性は?

こういった疑問にお答えできればいいなと思います。

目次

PHPとは何か

PHPとは何か

PHPは1996年に誕生した世界的に高いシェア率を誇っているプログラミング言語です。
HTMLは静的にWebページの表示を行うのに対し、
PHPが動的にWebページ生成します。
「静的なWebページ」とはいつ誰が見ても同じように表示されるページで、
「動的なWebページ」とはアクセスしたタイミングや状況により
表示内容が変わるページのことです。
またPHPはHTMLに埋め込むことができるため、Web開発でよく使用される言語です。
他のプログラミング言語と比較して仕様や文法が簡単なため習得しやすいと言われています。

PHPでできること

WordPress

世界のウェブサイトの3分の1が
このWordPressで作成されていると言われているWordPressですが、
WordPressはPHPで作られています。
WordPressで作ったWebサイトやブログをPHPでカスタマイズすることが可能です。

ブログ&掲示板サイト

PHPではHTMLを生成できるため、管理画面から記事の投稿や編集、
サイトのデザイン変更などの機能をPHPで実装できます。

SNSサイト

ユーザーの登録や削除・更新、個人同士などのチャット機能、
投稿などのコンテンツ作成や更新・削除などの機能にPHPが使われています。

ECサイト

ECサイトには様々な機能が搭載されています。
会員情報の登録や削除・更新、買い物かご、オンライン決済処理システムなど…。
これらの機能はPHPで実装できます。

社内管理システム

顧客管理や勤怠管理など、 以前は紙で管理していたようなものも
PHPで社内管理システムとして自動化でき効率的に処理できるようになります。

予約システム

日付や時間、施設の空き状況などを自動的に取得して表示する機能など、
PHPで作成可能です。

お問い合わせフォーム

レストランや宿泊施設、レジャーサイトに欠かせないお問い合わせフォームですが、
これもPHPで実装できます。

PHPの需要と将来性

HPの需要と将来性

先述の通り、WordPressはPHPで作られています。
WordPressはCMSの中でも圧倒的シェアがあります
ので、
新規立ち上げ、改修、機能追加などの案件があることを考えると、
需要があると言えるのではないでしょうか。
また世の中のサイトのサーバーサイドの80%でPHPが利用されているというデータもあります。
PHPで実装されたシステムを保守運用・追加開発ためには、PHPの技術が必要になります。

まとめ

今回の記事ではPHPとは何かについて紹介しました。
PHPはプログラミングの中では比較的、難易度の低い言語とされております。
プログラミング学習をお考えの方は一度検討してみてはいかがでしょうか?

未来のかたちB型では、
PHPを学習・作業していただける環境がございます。
経験豊富な講師が常駐しており、未経験の方もサポート可能です。
気になった方、話を聞いてみようかな?と思った方、
まずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはコチラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次